茶衣(さい)

ー軽やかに茶を愉しむために
数年前から中国や台湾のギャラリ―に招かれ作品を発表するようになりました。
主催者は茶人であり、おもてなしは勿論中茶。小さな器に何煎か茶を淹れ、おしゃべりと共に
その香りと味わいの変化を愉しむお茶の時間はカジュアルで楽しい時間です。
2年前から始まった葉山芸術祭のアート茶会、漆芸家・村瀬治兵衛さんが点てて下さるお抹茶を
頂きながら現代アートに親しむ和やかな茶会。
茶衣はこのような体験を通して生まれた茶道具としての衣です。